スタッフ紹介

HOME» スタッフ紹介 »院長

スタッフ紹介

院長



内藤 晴道
ナイトウ ハルミチ

出身地:豊橋
家族構成:妻・子供2人
飼っている動物:犬(イタリアングレイハウンド)
好きな動物:ヘビと蜘蛛以外の全ての動物
好きなスポーツ:やるのはゴルフ、観るのは野球

こだわっていること:赤白黒

夢:飼い主様と地域の動物病院から信頼される動物総合病院を作ること

豊橋の良い所:海も山も川も有って自然が豊かであること

座右の銘


技能・資格:獣医師

 

>>院長へのメールはこちらまで


(所属学会/研究会/団体)
日本獣医学会
日本獣医師会
日本小動物獣医師会
愛知県獣医師会(役員)
東三河小動物臨床研究会(役員)
豊橋市獣医師会(副会長)
豊橋獣医師狂犬病予防協会(副会長)
日本獣医循環器学会(評議員)

エキゾチックペット研究会(役員)

動物臨床医学会

世界動物病院協会

日本動物病院協会日本動物病院会

獣医麻酔外科学会

獣医神経病学会

日本獣医画像診断学会
日本獣医臨床病理学会
日本獣医皮膚科学会
日本伝統獣医学会
人と動物の共通感染症研究会

Q.子供の頃の夢は?またどんな子供でしたか?
小学校低学年の頃はすごく優秀で東大も夢ではないと言われていました。小学校高学年くらいからクラブ活動や遊びに目覚めてしまい、高校卒業時には入れてくれる大学はありませんでした。小さい頃は外科医になりたいといっていたのをおぼえています。

Q.獣医師を目指したきっかけは何でしたか?
はじめは動物園の飼育係になりたくて動物園に就職したいと思っていました。大学進学を考えるとき、動物園に確実に勤めるには獣医師になるのが良いだろうと思い獣医大学へ進みました。

Q.獣医大学卒業後、動物園に勤めることはなかったのですね。
大学に進学後、様々な実情を知りました。臨床の現場でじかに動物に触って直すのは犬猫、牛や豚、動物園や水族館の飼育動物です。牛や豚は産業動物のため経済性が優先されるので治療を途中で断念しなければならないことが多々あることを知りました。また、動物園動物もその性質上できる治療が限られてしまうのです。そういったことから、ペット動物の病院であれば飼い主さんが治療を希望していただければ可能な限り動物の命を救うことに努力できるのです。病気の治療ができるという点からペット動物を診ることが自分の考えに合っていると思い大学在学中に進む道を変えました。

Q.獣医師になって一番うれしかったこと
多くの仲間たちとやりがいのある仕事ができている今が一番嬉しいです。

Q.難しい病気(問題)にあった時、どうしますか?
良い結果が得られるよう努力します。

Q.獣医師の仕事でやりがいのある時はどんなときですか?
病気が思い通りに治った時。

Q.地域にとっての動物病院とは?また、どうあるべきか?
20年以上前は動物病院は飼い主さんにとってとても敷居の高いところでした。動物医療に対する意識が低かったのと同時に治療費も治療内容に比較して高額でもありました。動物たちが病気になった時、気軽に受診できる病院づくりが必要であると常に考えながら病院づくりをしてきました。

Q.これからの動物病院はどうあるべきか?
人の医療の様にシステム化が必要であると感じます。専門科の設置も必要ですし、一次診療と上位診療の線引きも必要かもしれません。病院間のつながりも重要な課題と考えています。

Q.豊橋市のペットの環境について思うところは?
首都圏や大都会と比較すれば全体的にはまだ低いかと思いますが、市民の動物飼育に対する意識は徐々に高まってきていると思います。同時にもっともっと積極的に動物医療に取り組む飼い主さんが増えてくるものと考えます。

Q.日本のペット環境について思うところは?
動物に関する法の整備がこの10年から20年の間に徐々に整ってきました。動物が好きな人もいれば嫌いな人もいて一律に判断することはできませんがペットたちと人間の関係・環境は良い方向に向かっていると感じます。

Q.獣医師という仕事とは??獣医師として働くとは?
獣医師とは本来人間の食の安全・健康の維持増進のために作られた職域でした。それがいつの間にか動物のための健康維持に携わる業務が大半を占めるようになってしまいました。我々小動物臨床獣医師に課せられた究極の使命は動物の健康維持を通じて飼い主さんに心の平穏をもたらすことであると常に考えています。