大切なペットのために

HOME» 大切なペットのために »マイクロチップのご案内

大切なペットのために

マイクロチップのご案内

マイクロチップのご案内

東日本大震災で被災された皆様、及び動物たちに謹んでお見舞いを申し上げます。

今回の震災では人間のみならず数多くの動物たちの命が奪われました。

また同時に、行方不明になっている動物たちも計り知れない頭数に及んでいます。

被災地では動物の救護活動が現地の獣医師や、各地から援助に向かった獣医師・看護士・ボランティアによって賢明に行われております。現地の動物病院や動物保護施設には無数の飼い主のわからない動物が運び込まれ、いつになったら愛する飼い主の元に戻れるかわからない動物たちのケアが続けられております。














 マイクロチップとは長さ約7㎜のセンサーでその中に個体識別番号が登録されているものです。

それを少し太めの針を使って首や肩の所に埋め込みます。埋め込みは犬猫に限らずどんな動物にも可能です。埋め込みには注射をうつのと同じ程度の痛みしか感じませんし、麻酔などは不要です。埋め込んであるマイクロチップはマイクロリーダーで外から読み取り、その個体識別番号を知ることができます。マイクロチップが埋め込んである動物は、もしも家から逃げ出してしまった場合や、地震などの災害で行方不明になった場合などに個体識別番号により速やかに飼い主が判明できます。個体識別番号は、社会法人日本動物保護管理協会内動物ID普及推進会議(AIPO)に登録されるため、世界中どこにいても飼い主を見つけ出すことができます。